【長時間トランジットに必携】プライオリティパスで空港での待ち時間を有意義に!

ビジネスクラスやファーストクラスに乗る、ちょっと特別な人たちが出国手続き後にスイスイと吸い込まれていく、特別な場所。

混み合った空港内で椅子すら確保できず床に座り、バッテリー切れ寸前のスマホを充電できる場所を血眼で探す人たちを横目に、座り心地の良いふかふかソファ、その横には自分専用とも言える電源タップが使ってくれと言わんばかりに用意された、そんな場所。

それが空港ラウンジです!

飛行機での移動が多い人や、ノマドにとって、空港でどう過ごすかはとっても重要。

体力をセーブ&回復して次の旅や生活につなげるために、世界中の空港ラウンジが無制限で使えるプライオリティパスが絶対おすすめです。

空港ラウンジって必要?

空港のチェックインが始まるのは3時間~3時間半前が多いですよね。

私も昔は、ギリギリまでその国で遊んでから空港に行ってチェックインすればラウンジなんて必要ない、と思ってました。

ただ、宿泊先のチェックアウト時間との兼ね合いがあったり、または現地の交通状況によって空港に着く時間って実はまちまちで、予想がつかないんですよね。

早く着きすぎてしまった場合、ラウンジに入ってしまえば空港での待ち時間を有意義に過ごすことができます。

 宿泊先のチェックアウト時間を過ぎたので、大きなスーツケースやバックパックを持って出てきたけれど、フライトまでの時間がまだまだある。

そんなとき、空港でWifiと電源を使いながら、その国で特有の食べ物が食べ放題。飲み物も、お酒だって好きなだけ飲めて、快適な椅子もある場所が空港ラウンジです!

海外ノマドに必携 プライオリティパス

また、空港ラウンジを絶対に活用するべきなのが、旅の始まりよりも乗り換え。

つまりトランジットのとき。

乗り換えの時にその空港がある国に入国しなかった場合、制限エリア(セキュリティエリア)内で何時間も過ごさなければなりません。

みなさんもご存知だと思いますが、空港内で販売されている食事や飲み物、またはレストランは、どの国でも相場より高く、時には数倍することもあって、なかなか気軽には手が出ません。

食事時になるとあちこちで美味しい香りのする空港の制限エリア内で、お腹を減らして、、、という経験ありませんか?

飛行機を乗り継ぐことが多いノマドなら、空港ラウンジを無制限で使えるプライオリティパスが必要です!

空港で快適に過ごす!

混み合った空港でも快適なフカフカの椅子が確保できて、移動や待ち時間でずっと眺めていたバッテリー切れ寸前のスマホもバッチリ充電。

どのラウンジにも必ずある無料のWiFiを使って、次の目的地の国の情報収集やホテルの予約、現地の友人に「これから行くよ~!」と連絡して会う約束を取り付けたり、日本でやり残してきたことをサクサク片付けちゃいましょう。

私にとって、空港ラウンジは、“ゾーン”に完璧に入れる超プロダクティブな場所です。

飛行機が飛び立つ時間まで、という、絶対に延長が許されないデッドラインがあるのも仕事が捗る理由かもしれません(笑)


バンコク、スワンナプーム国際空港の「エールフランスKLMスカイラウンジ」でゾーン中。

こちらはスワンナプームの中でも一番オススメのラウンジ。
食事、ドリンク、パンやケーキのレベルがとても高く、照明も落ち着くオレンジ系で統一してありいつ行っても快適です。

 月に1回でも飛行機に乗る人の場合。

空港での待ち時間を行きと帰りで1時間ずつと仮定して、それを一年続けた場合・・・
(1時間×2)×12ヶ月=24時間!

実に、24時間、一日分の時間を快適&有意義に過ごせることになります。

プライオリティパスを無料で手に入れる方法

プライオリティパスを手に入れるには、①公式サイトで申し込む、②プライオリティパスが特典としてついてくるクレジットカードを作る、この二通りしかありません。

私の場合は、楽天カードのプレミアム会員になり、プライオリティパスを無料で手に入れています。

楽天プレミアムカードの年会費は10,000円(税抜)ですが、このプライオリティパスだけでもそれ以上の価値がすでにあり、元が取れてしまうんです。

説明しますね。

公式サイトで、一番安いスタンダードでも年会費99ドル、さらにラウンジ一回利用ごとに32ドルの利用料がかかります。

99ドル(10,890円)+32ドル(3,520円)=14410円
つまり一回利用だけで、14410円(1ドル110円計算)になるんです。

その次のプランが、スタンダード・プラス。
年会費が299ドル(約32890円)でラウンジ10回まで無料。その後の利用は一回につき32ドル。

ちなみにその上のプラン、ラウンジが無料で使い放題のプレステージ会員に至っては、年間429USドル(47,190円)です。

たった一万円でこのプレステージ会員と同じ権利が手に入る、楽天プレミアムの太っ腹ぷりがよくわかります。

楽天プレミアムカードは、プライオリティパスが無料で手に入るクレジットカードの中でも、最安です!

旅行好きならトラベルプラン

プライオリティカードに加え、カード利用のポイントアップ、楽天市場での買い物のポイントアップ、自動付帯でついてくる国内・海外保険など、数え切れないほどのメリットがある楽天プレミアム。

また、楽天プレミアムには、ライフスタイルに合わせて選べる3つのプランが用意されているのですが、ノマドや旅行好きならトラベルプランを選ぶのがおすすめです。

トラベルプランの、自宅と空港間でスーツケースの宅配を頼める手荷物宅配サービスは本当に便利。

お住いの地域にもよりますが、出発の前々日に申し込みとピックアップの予約をして自宅で待っていれば、重たいスーツケースを空港まで宅配便で届けてくれるんです。

出発当日は空港でスーツケースを受け取り、チェックインするだけ。

また逆に到着時は、空港のJALエービーシーカウンターでスーツケースを預け、手ぶらで帰宅。東京なら遅くとも次の日には自宅まで宅配されます。

こちらは一年に二回まで無料です!

 楽天プレミアムカードのブランドは、VISA、Mastercard、JCB、American Expressのうち、マスターカードを選びましょう。

マスターカード会員の特典で、500円で同じ宅配サービスが一回利用できます。
他にもマスターカードの会員だけに用意されたたくさんの特典は、こちらから見ることができます。
https://tasteofpremium.jp

 

食いしん坊にもおすすめの空港ラウンジ

空港は、その国の顔と言ってもいい場所です。

その空港にあるラウンジには、その国特有のおいしいものがたくさん用意されています!

トランジットついでに世界中の食を楽しんじゃいましょう♪

おすすめ関連情報

海外旅行を計画中、ノマド旅をしてみたい方におすすめの情報です。

年会費無料で海外旅行保険付きのカードがあると超安心

海外旅行保険なら、エポスカードが最強です。

\お申し込みはこちらから/

台湾でまさかの骨折。エポスカードの保険で全額カバー

私は台湾で骨折して、エポスカードの保険のお世話になりました。

足を骨折したので、病院への行き帰りのタクシー代もなんと全額カバーしてくれました。

SIMがあれば到着後すぐUberで宿泊先へ!

例えばインドの場合、ツーリストが現地でSIMを取得するのは年々厳しくなっています。
数年前は外国人の観光者でも、2大大手のAirtelもVodafoneでも、簡単に申し込みできたんですけどね。

とりあえずレンタルwifiかSIMカードを持っておくと、空港に到着後すぐ、アプリで安心なタクシーを呼べます。
ぼったくりタクシー対策に是非。

格安wifiは日本での通信料は0円、1台で世界中どこでも使えるjetfi、プリペイドSIMカードはアジア14カ国で使える、SIM2FLYが便利です。

インド旅行に関するおすすめ記事はこちら

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事