ケララの大洪水で410人以上が死亡、100万人が避難。NGO団体Goonjから寄付できます | Kerala flooding more than one million people displaced, and more than 400 reported deaths

デリーを拠点とする非政府組織、Goonjをご紹介します。

インドの22の州で、災害復旧/人道支援/コミュニティー開発の活動を行っている団体です。
特に、人間に絶対必要な衣食住のうちの衣の部分にフォーカスを当てていて、cloth donationに力を入れています。
社会起業家として著名なAnshu Guptaが1999年に創設。

現在はケララ州で起こった大洪水の災害復旧にあたっているそう。
www.msn.com

とんでもない規模の大災害です。
ケララのためのドネーションはこちらからできます。
https://goonj.org/rahat-old/

私もデリーでショートムービーを作るために使ったことがあるのですが、
インドのクラウドファンディングプラットフォームKettoを通せば日本のクレジットカードが使えます。
www.ketto.org

Goonjのコルカタオフィス

コルカタ北部、レイクタウンにあるオフィスへ、服を寄附しに行ったことがあります。
まだ着られる服、使える物は「貧しい人に与えるお恵み」として見下して寄附するのではなく、「尊厳を持って受け取っていただく」という姿勢を強調してました。

f:id:halotherapy:20180825000204j:plain
画像:オフィスのスタッフたちと

f:id:halotherapy:20180825000028j:plain
画像:寄附された服の山

f:id:halotherapy:20180825000557j:plain
画像:男女/年代別で仕分け

f:id:halotherapy:20180825000040j:plain
画像:着られない服や品物は製品づくりのマテリアルとして使われる

f:id:halotherapy:20180825000018j:plain
画像:生理用品が買えない、衛生的なケアができない地域で手当ての仕方を普及させる活動

f:id:halotherapy:20180825000200p:plain:h500
着なくなった服50着と、靴1足を寄附しました。

インドで服のドネーション

オフィスが置かれている州であれば直接持ち込み、なければデリー本部へ送付もオッケーだったはず。
インドで着ない服がたくさんある方はこちらへ。
https://goonj.org/material/

各地域で服のドネーションをしている小さな団体もたくさんあるので、近くで探すのもありです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事