台湾の台北の東の外れ、新北市の汐止区(シーズィと発音します。中国語難しい!)にあるドリーム・コミュニティのオーナーに招待していただいて、三ヶ月間のAIR(アーティスト・イン・レジデンス)をしました!

オーナーの台湾人、Gordonはもともと広告会社などで仕事をしていて、汐止区の大きな米農家の跡取りだったそう。
台北の地価は、台湾の経済が発展し大高騰したのですが、その台北市をぐるりと取り囲むようにしてできた新しい衛星都市、新北市の地価もドカンと上がりました。

Gordonはそのタイミングで持っていた広大な田んぼを売ったり、貸したりすることで大きな資産を作りました。そして今度は大好きなアートをやりたい、ということで作ったのがドリーム・コミュニティ。まさに台湾ドリーム。
高層マンション四棟の広いスペース、工房やギャラリー、音楽用の防音室、アーティストが滞在できる部屋があります。
dreamcommunity.tw

そんなインドで私の演奏を見た台湾人の紹介で、そんなドリーム・コミュニティにアーティストとして滞在させてもらうことに。
タブラや音楽機材を持って、行ってきました。

3ヶ月間で演奏活動をしてDJもして、台湾中をたっぷり旅行できました。

滞在中に散々飲んだ、おいしいタピオカミルクティーの考察(実はタピオカ、カロリー高いです)
地元の台湾人と行く夜市
ドリーム・コミュニティで毎日二食付きなのにもかかわらず、マンゴーかき氷、牛肉麺に豆花、美味しい食べ物を食べまくり
花蓮、台中、台南、高雄にまで行き、屏東では原住民の村の収穫祭で豚の解体を見て
千と千尋の神隠しのモデルになったと言われている九份も
いつもビール飲みすぎな台湾でできた友達たち

さらに途中で剥離骨折というハプニングまで。

エポスカードのおかげで、病院代も通院のタクシー代も全額カバー。
ありがとう三井住友海上火災保険!

詳しく書いていきます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事